2007年06月10日

主婦借りれるキャッシングと私法上の紛争

長期プライムレート(長プラ)(long-termprime rate)
長期貸出金利(返済期限1年以上)のうち、
最優遇先に遣用される金利。
貸出機関が自主的に決定する建前になっているが、
長信銀、信託銀、保険会社が公表している最優遇金利は以下の通り。
利付金融債(5年)、貸付信託(5年)等の金利を勘案したうえで、
一定のマージンを上乗せして決定しており、
事実上各機関とも均一のレートを採用していた。
しかし、1989(平成元)年半ば以降、
長短金利の逆転現象が続きとしている。
資金調達・運用の危険にさらされたことから、
1991(平成3)年4月以降、都銀などの多くは短期プライムレートをベースに
スプレッドを上乗せして決定する新方式の長期プライムレートを採用している。
→プライムレート

調停(conciliation, reconciliation, adjustment,
adjust)
私法上の紛争につき、第三者である国家機関が当事者の間を仲介して紛争の解決を図ること。
民事上の紛争を解決する調停制度としては、
家庭の問題を取り扱う家事調停と、その他の一般民事事件を取り扱う。
民事調停がある。
調停が成立すると調停調書が作成され、
この記載は裁判上の和解または確定した審判と同一の効力を持つもので、
調停条項に違反した時はただちに強制執行することができる。
なお、調停調書は、民事執行法22条7項。
「確定判決と同一の効力を持つもの」に該当するため、
「債務名義」となる。→債務名義

貯金(savings)
預金苧同義決済手段として、
あるいは短・中期の貯蓄手段として、家計・企業等に幅広く保有されている代表的な金融資産。
posted by パートキャッシング at 18:14 | TrackBack(0) | 主婦借りれるキャッシング用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44425423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。