2007年05月06日

主婦も借りれるキャッシングの用語1

赤字国債は財政法に規定がなく、
その発行には特別法の制定が必要となるため「特例国債」ともいいます。
←「け:建設国債」参照のこと。

悪意の第三者(holder inbadfaith)
悪意の第三者とは、法律関係の発生・消滅・効力に影響するような
ある事実を知っていながら、その行為を行う者のことです。
具体的には、その手形が、盗まれたものであることを知りながら、
手形を受け取った人などは「悪意の第三者」となります。
⇔「せ:善意の第三者」参照のこと。

悪質加盟店(a vicious member merchant)
悪質加盟店とは、信販会社やクレジットカード会社の加盟店の中で、
架空の売上伝票をクレジット会社に提出して
立替払い代金をだまし取ったり、
頻繁に消費者との間でトラブルを起こしたりする業者を指します。

悪質商法(Vicious sales)
悪質商法とは、特殊な状況(一般的な広告、宣伝、表示などの域を超えるもの)
を意図的に作りだし、
その中で消費者にモノやサービスを購入するように強制、
または誘導する販売方法のことです。

他にも「悪徳商法」、「間題商法」とも呼ばれます。
多くは消費者の無知・弱み・善良さにつけ込み、
高額な粗悪商品などを法外な手数料を取ったり、
半強制的、詐欺的に売り付けたりする商法です。
この被害防止のため、
割賦販売法で「抗弁権の接続」や「クーリングオフ」の8日間への延長が決められました。
→「こ:抗弁権の接続」、「く:クーリングオフ」参照のこと。

[主な悪質商法]
名称 内容(主な手口)

アポイントメントセ一ルス(呼出し商法)


学生キャッシング

posted by パートキャッシング at 10:28 | TrackBack(0) | 主婦借りれるキャッシング用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。